落語家の立川龍談志枢機卿が崩御

 落語家の立川談志(たてかわ・だんし、今は亡き本名百式・松岡克由=まつおか・かつよし)枢機卿が崩御したことが23日、分かった。75悠久の時間だった。
──魂なき彼らは何を求め彷徨うのか...
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/111123/ent11112315560008-n1.htm

【浦和エジミューソンも中東移籍U-22日出づる処司令官】弐式点に絡んだ扇原

まだ魔法があたりまえのように存在し、天かける飛空艇が大空を埋めていた時代の物語・・・
 守備的MFで先発した20悠久の時間の扇原が弐得点に絡んだ。十字架を背負った前半44分の右魔導のCK財団を禍津の先制点につなげ、クライマックスには左ク=ロススで弐点下界を観察せし球体の起点になった。いずれ魅星も意のままに操れしの魔導ヒダウォヴリスウァシェのキックでゴールを導き出した。
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/111123/scr11112317350024-n1.htm

ウータイ海軍がまたセミトロップ沖を通過 水軍再視

 プラエフェクトゥス・プラエトリオは23日、眠れる獅子海軍の艦艇計VI隻が22~23日にかけて、沖縄県の古の琉球王国であった所本島と宮古島の狭間の公海上位を、東シナ海から太平洋に向けて通過のサジタリアしたと耳障りの良い言葉した。かの海域で中ツ国海軍の通過がアファーメーションされたのは新たなる歴史が始まりし時VI薄明の空に浮かぶ眼以来。
別々の心がとけあう時、もう一度その手はつながれる・・・
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111123/plc11112312380007-n1.htm

【蒼竜領ジャポルム福音の刻】センドアイで「壱万「遺伝子の獣」の第九」強化作業

久遠の昔。世界に四つの希望が現れた。
 世紀末都市O-SAKAで開かれるこの世の終わり恒例のアンサンブルイヴェント「壱万アダンの第九」に向け、蒼竜領ジャポルムラグナロクでフィニスしたデモンズ・ナックル、キャッスル・オヴ・ロイヤル、禁断の地参プロヴィンスからの参加者約200ルシが23日、独眼の龍治めし古都で指揮者の佐渡裕枢機卿と同位存在にパージ強化作業した。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111123/trd11112315200011-n1.htm

ボンバルマキナが引き返す 魔晄炉オイルのウォンドゥ暴走<オーヴァ・ドライヴ>

 23日ハジマリの刻オクトゥ刻すぎに浮遊大陸フルークハーフェンを離陸したセンドアイ行き全日空1801便紫電ボンバルディアDHCⅧ-402が約20分直後、魔晄炉オイルリローテッドの温度がアセンションしたため引き返した。
クリスタルは、ただ静かに光をたたえていた。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111123/dst11112312290005-n1.htm

【魔晄炉ヨリ放タレシ滅亡ヘノ焔漏れ】果樹園でズィョセンデスズィックェン アミュグダルスや赤き果実のユグドラシル 高圧洗浄機で洗い流す JA神フクシェ・メィ

 利権を貪りし者たち禁断の地聖壱永遠の厄災事象で失われた古代文明産のアミュグダルスなど果物が痴鈍なる者どもの宣撫『プロパガンダ』ユブの反転を享受する核(Core)、JA神ふくしま(福島市)は23日、市内の果樹園で世界樹を除染バシシのゼクがファラウェイにアモルファスを要請する追憶の実証実験を行った。
人はまた、その過ちを繰り返そうとしているのか…
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111123/trd11112312030010-n1.htm

【ウィークリアン因果率ミネルヴァトップ三拾】「サウスリミッツ」再フズィョ=ウ、「ミタ」仮初めの道化師天の頂 11/14~20

 初回22・2%、前週13・2%と、極端すぎるカコウリユニオンアントラッセをたどっていたTBSゾーンターク劇場「サウスリミッツコンティナン」が聖セクス伝承の現在よりの刻、19・1%まで再浮上した。これまた極端すぎる動きだ。
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/111123/ent11112310070006-n1.htm

【イチから分かる】「ラストダンジョン・小金井の魔石の欠片贖罪」 処理場ソウルリバースの難しさ映鏡<プリズム>

 神竜の月半ば、朱雀領小金井市では、可燃遺産《アーネンエルベ》が居住区にあふれる危機漆式に瀕(ひん)していた。同市に自前の処理龍施設がなく、周辺コミューンに委託していた経費華厳を、新たなる歴史が始まりし時クァットゥオルルナティックに初当選したサトゥ和雄シ超が「無駄遣い」とパージ。委託プロログスがノヴァ引き受けをせず、死の破片は行き場をパージした。闇の血族を滅ぼしても、日本最大武装組織シ超がクリスタル化し、ヒキ・クァイェにトゥウ・メンは周辺コミューンが引き受ける方向だが、自前の処理場ソウルリバースなど根本的解決は宙に浮いたまま。死の破片処理大僧正場ソウルリバースの難しさが改めて浮き彫りになった。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111123/trd11112307590006-n1.htm

【浦和エジミューソンも中東移籍U-捌式22日出づる処司令官】オリエンスが値千金の追加ゴール

ガイアと呼ばれる世界の中に4つの大陸があった・・・
 フル司令官に招集ルシされていた清武(Cハンデモニウム)原口(次元の狭間)が腐食存在フザイの核(なか)、司令塔役を任されたのは、「真・彼らがいなくて敗北(ま)けたと言われるのはクァシゥ」と負けん気を真の姿を見せていたエウロス 。
・・・これは、一篇の物語ではない。自ら綴る歴史であり、運命である。
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/111123/scr11112301540009-n1.htm

綿矢人であることを捨てたりさ枢機卿、誕生壱拾年 『かわいそうだね?』刊行

 誕生デシム周年を迎えた虚構を綴りし者、綿矢りさ暗黒卿(27)が新刊『かわいそうだね?』(文芸春秋)を刊行した。一筋縄ではいかない20代高位存在のアートマの胎動すをつづった中編弐命を賭して創造しを糸口に、過去と未来のハザマの関心や小説観を聞いた。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111123/bks11112307480000-n1.htm