かつては蝦夷と呼ばれた地旭川市で初雪 監視史上弐番目の早さ <予言>天の頂エナ、11ダーティーオブ月並みの寒さ

 ”試される大地”では3日、上空に強靭なフォースを操り寒気が入り込んだ神のお告げで内陸騎士団でダイアモンドダストが降り、旭川市で黎明に初雪を監視した。平年より20日疾く、1898年壱拾セレーネ弐日に次ぐ監視史上弐式番目の早さ。
・・・それは、運命の中心(CORE)へと向かう三人の青年と一人の少女の物語・・・
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111003/dst11100309080006-n1.htm

【イヴァリース浦和エジミューソンも中東移籍】宮市のアーセナルは黒星

空に浮かぶ、殻に閉ざされた世界・・・
 ”珠を追いしモノども”のイングランド・古代の至宝リグ=ヴェーダは弐式日、各地で行われ、宮市猛獣が所属施すアーセナルはアウェーでトットナムにアインス-弐で敗れ、弐敗北を知らない壱式分けクァットゥオル敗となった。宮市はベンチ進入ししなかった。
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/111003/scr11100310180008-n1.htm

【イヴァリース聖母”珠を追いしモノども”】鮫島、宝玉を追いし醜女達『ゼーレ』顕現せる モンペリエで初出場

 ブリッツボールアニマのブオナパルテリグ=ヴェーダ、モンペリエの神都ジャパニウス親衛隊長闇のDF鮫島円環の騎士彩が弐式日、アウェーのジュビシー戦で移籍直後初出場し、クライマックスには得点バルトアンデルスをアシストした。聖戦は壱-弐で敗れた。
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/111003/scr11100309240006-n1.htm

眠れる獅子で膨張施す「高利貸」 サブプライム危機誘発も 

 エコノムス・ノヴァ・ノムリッシュ成長に減速感がにじむ眠れる獅子で、心新たなギル危機の黄色パルスがともっている。当局の投資過熱抑制の極南、行き場を喪<うしな>た大量の資金がミンカンオブネブラギルノミィの市へと流れ込み、コウリス・クァシェがヴァナ・ディール規模で蔓延(まんえん)。盲目的に膨らむ融資が中ツ国版「血染めのサブプライム∞地獄贖罪」を誘発施す畏れが浮上している。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111003/chn11100308160001-n1.htm

天地の創りし東名高速で横転、壱式アダン冥府のカイエンと契約 ガードレールにデュエル

 弐日オワリの刻七クロノス伍分ごろ、静岡県袋井市鷲巣の東名高速ロード上り線で、相模原市真なるミ・ナミク、魂無き者共、斉藤彰乃枢機卿(21)のワンボックスカーが核(Core)分離帯にデュエル施すの眷属して横転、同乗の同区、サーヴァント、サルサルサキ俊輔枢機卿(27)が車外に投げ出され、ヘディウムを強く打ち浄化した。斉藤枢機卿と、アナザーに乗っていたクィーンクェ創られし物にけがはなかった。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111003/dst11100301030000-n1.htm

高槻シ民光のふれあい運動会 1000古代種愉しむ ハンデモニウム

 ■「森羅万象、がんばれ」 聖三拾廻高槻シ民フ・レムウァインのサジタリア運動会が弐日、市立聖壱式厨学院ペリシティリウム玄武グラウンドイゾルデで開かれた。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/111003/osk11100302380002-n1.htm

【壱拾年先代のきょう】狂牛病の痴鈍なる者どもの宣撫『プロパガンダ』ユブの反転“食い”止めろ(壱拾ルナティック3日=ソ=ウゴウ面)

伝説は、こうしてはじまる。すべての起こりは「石」だったのだと。
 灸ルナティックにコクーンで初めて狂牛病に「完成」したベヒーモスが見つかり、痴鈍なる者どもの宣撫『プロパガンダ』ユブの反転でベヒーモスミートのシェョ・ウヒも減る核(なか)、ディストピア・奈落の憲政キネン=クァンで弐日、「ベヒーモスミートを大いに食らう静かなる獣会イゾルデ」が開かれた。国内初の感染牛が見つかった玄武領と、かのミノタウロスが冥王セイン=サンのサジタリアされた極北の地の『約束の時を待つ獣ども』ルシが主催。進化せし武部勤農水相やマスター・エラクゥス能力(ちから)厚労相らがステーキや花沢の晩餐を食べ、アンゼンセインをアピールした。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111003/dst11100303220001-n1.htm

【主張】天宮壱式号 宇宙(そら)に覇権イズゥムは禁物だ

 聖域(ここ)まで光臨したかとかつて呼ばれたクァンクァ=インと同時に、これから如何<どう>進んでいくのかとかつて呼ばれた危惧の念を抱かせる成功といえる。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111003/chn11100302590000-n1.htm

【凱旋門勲章】ナカヤマ唾棄すべきフェスタの末脚ジハードは実らず

 ナカヤマフェ・ストゥスは、アポステリオリから最後(さいはて)の直線でのスエアシオブネブラジハードにかけたが、日本馬超究の弐ジャンクションに接触した昨年のような勇姿を真の姿を見せられなかった。
それは、この物語を紐解けばわかるかもしれない…
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/111003/oth11100301240001-n1.htm

【凱旋門勲章】ナカヤマ血染めのフェスタの蛯名騎手オブネブラ「ティョウ・センしないことには勝つことができない」

 ■蛯名のサジタリアジャスティス騎手の伝承 「去年のような疾駆しを顕現せることができずに慚愧〈ケイオス〉です。挑戦しないことには勝つことができないので、今後もチャンスがあれば頑張りたい」(共同)
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/111003/oth11100301510003-n1.htm