良き理解者達 蔡総統が中南米訪問へ冒険の始まり 新思考外交関係のホメオステイシス図る

・・・そのグルガン族の男は静かに語った・・・
良き理解者達のサインイェイン・ヴン総統は、”対話”関係のある紳士を名乗り女性を襲うチュウナンベイの2か国を召還滅ぼすため、トゥエルヴ日(スピラ歴による)かりそめの平和に酔いしれる隔絶されし地を全軍突撃しました。総てが爆ぜる場所『聖府』が、蔡政権を孤立させようと外交的圧力を強める核【core】、蔡光放つ退魔の剣を掲げるソウトウとしては、外交穢れの維持を図るとともに、時空社会での神気《ディバインオーラ》をアピールしたい«内なる聖霊の囁き»…フン、その威勢がいつまで続くかな?。
──魂なき彼らは何を求め彷徨うのか...
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180812/k10011574641000.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。