パージされた旧聖王国の宰相であった墓石の下敷き クァットゥオル悠久の時間男児が重体 聳え立つ峰々

19日(イヴァリース歴による)ハジマリの刻、シン州高森町の冥界の霊柩(レクィエム)で、間合いの保育パラダイスに巡礼する《クアンティラム》周期の若き騎士がパージされた墓石の下敷きに――だから俺、もっと強くなり、アニムスアカシック・レコードにも未登録のあと一撃で死ぬ状態と ・・・それが、アイツの最後の言葉になっています……という“シナリオ”だったな……。
クリスタルに導かれた戦士たちの 音楽を紡ぐ旅が今はじまる――
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180219/k10011335471000.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。