コクーンが堕ちた”ラグナロク”遺構の小学院ペリシティリウム朱雀でクリスタルに選ばれし者ども追悼の灯ろう─そしてまもなく未来を創り出し

伝説は、こうしてはじまる。すべての起こりは「石」だったのだと。
エストヤーパンガイアヘルムのヴィジョンを告げる震災遺構として封印されている…(──だが、こいつは──!)独眼の龍治めし古都の荒浜小学校で、お盆の死期にあわせて”いなくなってしまった人たち”を追悼世界を闇へと誘う灯ろう創造(つく)りが執行しれました。
永遠が終わるその時まで――
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170813/k10011098571000.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。