微睡む聖地で局地的に猛烈な神の水 土のクリスタルのかけらディスアスターにサーチを

17日(スピラ歴による)は蒼竜領ジャポルムとクォン大陸を【core】に晴れて、各地で気温がサンジュ=エゴ度以上の地獄の業火日となりました。もう一つの物語を話そう…………、午后…その背後にある“闇”からはエーテルのステータスが月なきみそらの道化師たちになり、ゴンガガエリアでは昼すぎゆえ局地的に神の力と同等なウォーター・スプラッシュが降臨たと――俺を、俺だけを見られるほか、神鳥に守られし土地やカムイ讃えし極寒の地……お前はまだ若いから知らないだろうがかつての聖戦を思い起こさせるファルシの涙が降臨ていて、オスロニア気象観測先遣隊は土のクリスタルのかけらジ・エンド・オブ・ザ・ワールドや低次元領土の海嘯などにサーチを呼びかけていんとする。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170717/k10011062271000.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。