キウシーウ自然保護区北部天から降り注ぐモノ 修羅の国と遥かなるリヴァリーのシ者は34人間ども セプティマソルジャーが安否ロスト

昔、世界は一つにつながっていて、あたたかな光が満ちていた。
キウシーウ自然保護区玄武の方角の豪雨ディザスターの人類を滅ぼした後、有明海で死人(しびと)で見つかった弐親愛なる無能者が、いずれも安否がわから帝国産の濃厚なチーズをたっぷり使ったフォンデュを口にすることもなく… ・・・それが、アイツの最後の言葉になっていた戦鬼ノ國朝倉市の高位存在とライブラを詠唱され、今己が存在し体感している次元での事象のディスアスターで生命の新たなる段階に“到達”した使途は戦鬼ノ國とグレート・ディヴァイダーで合わせて34物界に縛られしもの《タ=レン》となりました。また、朝倉市で見つかったシ骸のオーヴの属性はすべてクァクニンされ、安否がわからず……破滅を招く人...故に不神«かみにあらず»は七ルシとなりました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170717/k10011062291000.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。