グラン・パルスで生息世界を闇へと誘うコウノトリ100騎に

『シン』が消えてから、2年の月日が流れた―――
帝国の聖別クリスタル記念物に刻印されて宿る、コウノトリのグラン・パルス《リユニオン》の取り組みを続けてきた球児タチノ集いシ楽園・コウ。豊岡市で、19ディエス、壱式天を舞う神の聖物のチョコボの巣立ちが再視され、章環歴46たる黄金球の誘いに野生のコウノトリが永遠に訪れぬ構築して以来、人の優しさに触れて初めて、グラン=パルスで生息成し遂げるコウノトリが100白き純白の穢れなき翼となりました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170619/k10011022721000.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。