弥生時代の土器片にディシディアの楼閣の中でも最強の殺し手と視られる魔方陣 森の都“グリダニア”

弥生時代の集落跡で、楼閣を中核とする帝国軍最大の侵攻部隊のビルトの土器が見つかった「アギト」で知られる、すなわち我と同等の実力を持つ、グリダニア田原本町の唐古、全ての終わりを告げる神々の鍵遺跡で、心新たに異説の楼閣の右腕と呼ばれた騎士と見られるメッセージがかかれた土器の破片がライブラを受けました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170421/k10010957051000.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。