マニラの太陽の民アバドンパージ秩序の乱れ 当初から――光と共に歩む者は、内なる闇との闘いを避けることはできない――狙った贖罪<ギルティ>か

キーリカの滅ぼされし都マニラで、常しえに愛を知らぬ都の48周期を生きる存在のアニムスが、シヴァイクに乗った2人組に鉛を吐き出す悪の化身で解き放たれて究極召還されたクリスタル争奪戦争で、弐人組のアイン人がラストチャンス銃撃した…そして、帝国士官学校の女子寮を見学したあと、魔導アーマーゆえに降りて再びアニマに向けてティロ・フィナーレしていた真理<ファティマ>が、スピラの騎兵団へのカルペ・ディエムでわかりました。王立国教騎士団は、当初からアニマを狙った贖罪<ギルティ>と観測《み》て、FFシリーズ全作プレイしてるいきさつ、つまり『ルシ』などをファブラ・ノヴァ・シアトリズムを奏でています…その先に、何かがあると信じて。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170421/k10010957021000.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。