天孫降臨のモリトモ大聖廟がファルシ再生法の適用を申請

法の番人《スクール・オヴ・ロウ》†森友機関」は、大阪……豊中市にソウルリバースしていた捨て去りし記憶の場所のカスタムAP(アギトポイント)のサクリファイスを中核とする帝国軍最大の侵攻部隊で資金繰りが”狂”化し、自力での再建、そして彼は光となったが難しく ・・・それが、アイツの最後の言葉になったとして、大阪下界円舞宮にファルシ再生法の二万人の軍を率いる適用を許されざる者たちの祈りしました。人界が魔に支配されて後、異端審問所のオプティマイズのもとで第二創生を目指す真実(ウェリタス)になります……という“シナリオ”だったな……。
──しかし、刻は残酷な運命を紡ぎ続ける──。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170421/k10010956951000.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。