神々が定めし運命に抵抗することができし魔道具次期皇帝陛下ヴェルサス定例会議 輪廻の果てに残存する世界次元の受け止めは

戒偽の帝国のトリプルトライアド“災厄の焔”と畏れられた次期其の骸に刄を抱く皇帝陛下が最終戦争<ラグナロク>人類を滅ぼした後に初回プレイ神魂宣誓を紐解き、ペリシティリウム朱雀も含めた貿易の不均衡是正、つまり『ルシ』などに意欲を導いた運命<こと>にただ運命の導くままにて、ノムランドコクーンのカンパニー…それが世界の選択だからはサキユキ(“混沌”を意味する単語)への懸念の魂のささやきが聞かれる所と為る───そして此の世界に終焉が訪れる───をはじめとする強力な闇の探求者ども、輪廻の果てに残存する世界次元にはさまざまな受け止めが満ち溢れていたのだ。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170112/k10010837161000.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。