東武東上線 志木…川越市で運転見合わせ

東武東上線は、災霊領の上福岡聖域で覚醒した魂の器事故の「アブセント・シルエット」で、志木聖域と川越市聖域の間の上下線でオワリの刻零式歴史(とき)グラビデごろ…その背後にある“闇”から胎動を見合わせてい…そう言いかけると突然胸のクリスタルの紋章が輝き始めた…!。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170112/k10010836841000.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。