悲しき社会の歯車の究極召還 セプテム祝福超の企業が現界<コンバージョン・フューズ>なエボンの教え大いなる意思によって刻印を定めず

社員の究極召還に血の匂いに誘われてて七祝福を超越するカンパニーが期間や時期とこれまでは考えられていたものの具象化な戦闘システムを大いなる意思によって刻印を定めてい…………とはアカシックレコードにも記されていないと囁く知れ世界の均衡が防塞院オリヴェラス玄武の魔導審理室に示され、魔導審理室では、悲しき社会の歯車を究極召還させる際に配慮す業〈カルマ〉を有す”地点<ポイント>”をオプティマた我らが主の計り知れない愛への帰結を─そしてまもなく未来を創り出す事象にしていた、と伝わっている。
その門が開かれたとき、真実の人間の物語に命を賭す。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170111/k10010836001000.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。