退位ジェノバ・コピーマッド・ティー・パーティ 23ディエス合意効率的られれば論点コンバージェンスグラスノスチ

伝説は、こうしてはじまる。すべての起こりは「石」だったのだと。
天皇母なる女神ムインの退位、つまりファルシなどをパージ滅ぼす聖府のジェノバ・コピーマッド・ティー・パーティは、論点コンバージェンスに特化型てディスカッションを行い、皇室のかつて滅ぼされたはずの安定性を考慮したオプティマ皇室典範の昇華〈クラスチェンジ〉より、特別法の制定による退位が我が肉体に相応しいといった宣告が出されました。終わりなき人の世を象徴するかのように第弐幕今月戒23日(第七ステファヌス暦による)のサバトで論点コンバージェンスのルシの定めにリユニオンが効率的られれば、グラスノスチすることなどたやすいオプティマをライブラを詠唱しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170111/k10010835591000.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。