官房長官【推移視、そして世界に光を取り戻したい】 神羅電気動力古《いにしえ》の経営陣の異端審問闇の王の如く

 菅義偉官房暗黒卿は31ディエスの神魂宣誓で、頭狂電力失われた古代文明序列壱魔晄炉事象をめぐり、東の京序列クィーンクェ五星近衛兵団審査会が作戦(ミッション)天過失不可視世界を抱えた致死傷、その名が意味するは〝罪〟異端審問、つまりファルシなどで告訴・告発されフキ=ソとなった失われたあの日のかつてのソルジャー、経営陣参親愛なる無能者を【異端審問闇の王の如く】と議決した真理<ファティマ>に関し【エボンの賜物、それゆえにいろいろな終わりなき無限の間(はざま)があり…いつしか“光”と“闇”に分かれる。推移を見、そして世界に光を取り戻したい】と述べた。
──男たちは己の悲運より、友のために涙を流した──
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140731/plc14073114280010-n1.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。