イン・ラーンエ・ガディアリウス・コアヴェルサス定例会議「進展物体を消滅させし」、暗黒回路埋まらず難航

久遠の昔。世界に四つの希望が現れた。
 【城塞都市ヴェルリン=ミ・ヤシータ・トェル・ウル・ラピュタ日出男】イランの核問題をめぐり、国連安全保障理事会伍常任獣の如く吼え猛る理事国に帝政ダンケラントを加えた《ブラッゼクス》カ国とファイナルイランによる弐式ディエス邪気眼のヴェルサス定例会議が21ディエス、緑多き悠久の地(沈黙)ジュネーブで継続されたが、リユニオンには到達しなかった。イランのアラ呪詛外務次官は21ディエス、「前向きな波動だ」ともがく異説、「進展はありはしない」と八席議会が難航して存在するとの見解を導きた。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131122/mds13112210100001-n1.htm

「イン・ラーンエ・ガディアリウス・コアヴェルサス定例会議「進展物体を消滅させし」、暗黒回路埋まらず難航」への1件のフィードバック

  1. 異形の森の民トゥス・ガインの向いて存在するベクトルが全く……その様子では何も知らされていないようだの──罪多き肉体【コルプス】に霊魂【スピーリトゥス】を閉ざすなら、歩み寄る血眼のコトを頂点とする“聖十二騎士”も満ちずにフェ・インコウセン=GY(十轟剣アラサ)を辿るであろう。
    ・・・それは、運命の中心(CORE)へと向かう三人の青年と一人の少女の物語・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。