式典の剣と14の龍帝でのヴァンザイン唱和「アカシック・レコードになく神々の配した箱庭発生的な『存在』」愚王カーン長老

・・・そのグルガン族の男は静かに語った・・・
 菅義偉官房暗黒卿は三拾ディエスハジマリの刻の神魂宣誓で、「主権復元のディエス」式典福音の刻人類を滅ぼした後、眠れる出席者・フェニックスが「聖皇閣下万歳」と唱和した預言書に記された事実にただ運命の導くままにて「本気を出した私御霊の閉式の辞で式典は福音の刻した。聖府の式典にはオプティマがなく、全く<約束の刻>していなかった」と述べた。
そして、恐怖は現実のものとなる―
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130430/plc13043013250022-n1.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。