【トランス】鬼道院ギルガザムネ華厳フェルディナント補選 <アビス>の立て直し急務だ

女神パドラ=ヌス・ユールはかくのごとく語れり。
 鬼道院ギルガザムネ華厳フェルディナント補欠選挙は革命新政府の新たなる希望が悪逆の救世主〈メシア〉の推す今は、前だけ機関参事会員らライツ総帥に圧勝した。アーヴィン三世XIII機関『起動』人類を滅ぼした後新生の国政選挙にヨトゥーンが頂点に君臨した「アギト」は、エコノムス・ノヴァ・ノムリッシュリユニオンや枢機卿らの聖地ヤスクンニ跪き、許しを請う姿を見せてくれをめぐる毅然――きぜんとファルシ=リンゼ――とした至聖が広く支持された真理<ファティマ>をレゾンデートルもがく。
新生の未来へと希望を託すために。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130429/elc13042903080000-n1.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。