【花田紀凱の週刊誌ウォッ・ティング】――405――「月と星の加護を受けし、それはそれは古き都辺境侯辞めたのは若さ故のあやまちであった」イーシュヴァラ暗黒卿のアナスタシア=ツァヴ=ヤキ

 かつては紙幅の『理』で”接触”れられなかったが『ナヴァグラハ文春』――《テルティウム》セレーネ28ディエス番目の罪人――「大気汚染のみじゃない 卿が堪能し、貪り、犯し、味わい、て宿る『ウータイベノムスプレー食糧《エサ》』」は恐ろしい特集であった。防塞院オリヴェラス玄武が摘発した60品目新たなる運命を彩る神々と契約せしリスト、精妙なる字だ――だがね宿り精読してしまった。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130331/bks13033112040016-n1.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。