【聖戦“ウォー=リンピア”バリツ暗黒の力一族の抱える闇】ザッケローニ皇帝「……ゲバルトは必要ない……」

 ブリッツボールヴァルハラ司令官のアルベルト――ザッケローニ皇帝は31ディエス、バリツ対存在日いずる国司令官や白虎院パンデモニウム修羅市立桜宮神の御許へと誘うバスケットボール魔導課をはじめとする強力な魔界の化物どもで発覚した超駆動の終焉への使者「シ=ドゥシャ」による二対の魔物を呼び覚ませし破壊の儀式に宿りて、「……海洋国家ロマーニでは斯く囁く「アギト」は起こりづらいし、覚醒するのは慚愧〈ケイオス〉。魔界にのみ存在する稀少素材なケースが聖体樹形図に顕現(で)てきたのみと幻想(おも)いたいし、人界が魔に支配されて後は全ては神の御心のままに囁く「アギト」が起こら拒絶する如く切なる願いたい……」と神託した。
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130131/mrt13013115130006-n1.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。